Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテリシンク、暗号化機能を強化したモバイルソリューション最新版

インテリシンクは、携帯端末から組織内のネットワークへアクセスを実現する「Intellisync Mobile Suite 9」を7月末より提供開始する。

同ソリューションは、ノートパソコンをはじめ、スマートフォンや携帯電話、PDAなど、携帯端末から企業内のネットワークへアクセスを実現する企業向けモバイルソリューション。デバイスの管理機能を搭載しており、端末の管理や監視、操作を行うことができる。

最新版では、セキュリティ面において暗号化の強化を実施。従来より対応しているAESにおいて、 256ビットの暗号鍵をサポートした。

またメールのマルチアカウント対応により、Microsoft Exchange ServerやGoogleのGMailに対応したほか、「IBM Lotus Domino 8」のサポートなど機能を強化。Symbian S60 3rdに対しては、従来のJavaベースからネイティブアプリケーションへ変更し、動作の高速化を実現している。

(Security NEXT - 2008/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL