Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、「TrendLabs USA」を設立 - 事業継続性を強化

トレンドマイクロは、米国カリフォルニア州に「TrendLabs USA」を設立し、サービス体制を強化した。

同拠点は、同社がウイルス解析やサポートの本部を置くフィリピン国内の「TrendLabs」における冗長性を確保するため設置したもの。双方の拠点でデータを同期し、同等の品質保証体制を構築する。

従来、同社ではバックアップ体制を台湾に構築していたが、地理的に離れている米国内に設置することで、地震や鳥インフルエンザなど局地的な災害が発生した際についても、安定したサービス体制を確保する。

同社では、7月1日より「TrendLabs USA」において定義ファイルの更新を開始。今後1年以内にWebレピュテーション技術をはじめとする、すべてのサービスを両拠点から提供することを目指す。

(Security NEXT - 2008/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映
セキュリティ経営ガイドラインのプラクティス集に改訂版
都内中小企業向けに特別相談窓口を開設 - サイバー攻撃リスクの増大受けて
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞