Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類誤封入で研修会に不参加だった事業者情報30件が流出 - 静岡市

静岡市は、工事事業者に文書を送付する際、宛先が異なる封筒へ書類を封入するミスが発生し、事業者情報30件が流出したと発表した。

5月に実施した研修会へ不参加だった事業者へ欠席した理由について報告を求める書類を6月9日に送付した際、中身と宛先が異なる業者に送付し、不参加となった事業者名が流出したもの。発送した45社のうち30件が流出したという。

同市では、発送した事業者へ連絡を取り謝罪。未開封の書類については回収し、すでに開封済みで内容が異なる場合は破棄するよう依頼した。

(Security NEXT - 2008/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
健診受診者の個人情報をメールに誤添付 - 日光市
ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用