Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac OS Xにroot権限取得されるおそれ - Integoが注意喚起

Integoは、Mac OS Xに外部からコードが実行される脆弱性が見つかったとして注意を呼びかけている。同社では、今回見つかった脆弱性について危険度を「非常に危険」と設定している。

影響を受けるのは、Mac OS X 10.4および同10.5に含まれるRemote Managementコンポーネントの一部である「ARDAgent」。同コンポーネントにおいてAppleScriptの実行機能が悪用された場合、「ARDAgent」のオーナーであるrootのアクセス権が取得されるおそれがある。

Mac OS X 10.5でユーザーがシステム環境設定の共有画面でリモートマネージメントをオンにするか、Mac OS X 10.4以前でApple Remote Desktopクライアントの共有設定を有効にしている場合は影響を受けないなど一部例外もあるものの、多くのユーザーはこうしたサービスを利用していないとして、同社では警告を発している。

Intego
http://www.intego.com/jp/

(Security NEXT - 2008/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表