Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガイアックスと手嶋屋、「OpenPNE」向け投稿監視サービスを提供

ガイアックスは手嶋屋と協業し、コミュニティサイトにおける不適切な書き込みを24時間365日体制で監視するサービス「SNS監視for OpenPNE」を提供する。

同サービスは、出会い系や自殺予告、犯行予告、個人に対する誹謗中傷などコミュニティサイトにおける不適切な投稿を監視して、健全な運営をサポートするもの。手嶋屋のオープンソース「OpenPNE」向けにガイアックスが独自開発した監視専用ツールを利用し、24時間体制で有人監視を行う。

有人の目視監視にくわえ、テキストコンテンツには不適切な文字列だけを抽出するNGワードフィルタを用いることで、低コストでの監視も可能だという。料金は月額5万円から。

(Security NEXT - 2008/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア