Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCCM 2007に一部環境でセキュリティパッチを展開できない問題

IT資産の管理や更新プログラムの管理が行える「System Center Configuration Manager(SCCM) 2007」において、一部環境下でセキュリティ更新プログラムを展開できないとの報告を受け、マイクロソフトは調査を進めている。

マイクロソフトが公表したアドバイザリによれば、「SCCM 2007」において、「Systems Management Server(SMS) 2003クライアント」に対し、更新プログラムを展開できない不具合が報告されているという。そのため、6月に公開された最新のセキュリティ更新プログラムを適用するには、SCCM 2007の「ソフトウェア配布機能」や、「WSUS」「SMS 2003サイトサーバ」などを利用する必要がある。

マイクロソフトでは、不具合についてセキュリティ上の脆弱性ではないとしているが、今後問題を解決する更新プログラムを提供する予定。

System Center Configuration Manager 2007 によるセキュリティ更新プログラムの展開がブロックされる
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/954474.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、2月の定例更新で深刻な脆弱性に対処
「sudo」脆弱性、Cisco製品にも影響 - アップデートを順次公開
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
Dell製シンクライアントOSに深刻なRCE脆弱性 - 更新や運用環境の確認を
VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性