Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

契約ブロガーの個人情報をカレンダー上で誤って公開 - 家電ソーシャルブックマークサービス

WillViiが運営するソーシャルブックマークサービスにおいて、記事を提供する契約ブロガーの個人情報が流出した。

流出したのは、デジタル家電製品のソーシャルブックマークサービス「みんぽす」にレビュー記事を提供する契約ブロガーや候補者など15人分の個人情報。氏名やハンドルネーム、メールアドレス、電話番号、職業、ブログURL、ブログアクセス数などが含まれる。

同社従業員が、インターネット上のカレンダーに打ち合わせ予定者の個人情報を保存していたが、誤って公開する設定になっていたことから外部へ流出。6月7日から8日にかけて、関係者から自分の個人情報がネットで公開されているとの指摘が複数寄せられ、問題が発覚した。

同社は関係者に電話で謝罪し、事故の詳細や原因、対策などをメールで案内している。さらに新規の投稿者について個人情報保護の対策が完了するまで勧誘を中止する方針だという。

また役員や関係者について社内処分を行い、代表取締役は3カ月間無給とし、取締役や担当者についても減給する。今後は個人情報の取り扱いについて見直しを実施し、月ごとの監査やプライバシーマークの取得などの対策を進めるという。

(Security NEXT - 2008/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県