Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパーと日本ベリサインがエンドポイントセキュリティ分野で協業

ジュニパーネットワークスと日本ベリサインは、エンドポイントセキュリティの分野で協業した。

今回の協業により両社は、ジュニパーネットワークスのアクセス管理ソリューション「Unified Access Control」と日本ベリサインの認証局構築サービス「ベリサインマネージドPKI」を組み合わせ、両社のパートナーを通じて提供するほか、セミナーやプロモーションなどマーケティング活動を共同で展開する。

ジュニパーのUACソリューション「インフラネット・コントローラ4000/6000」では、本人確認やウイルス対策、ファイアウォール、パッチ管理やアクセス管理などが可能だが、さらに日本ベリサインの「ベリサインマネージドPKI」により認証局を構築し、電子証明書を発行することで、より柔軟で安全なデバイス認証を実現する。

(Security NEXT - 2008/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業