Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PCGUARDIAN」にユーザー情報の強制印字機能を追加 - キヤノンITソリューションズ

キヤノンITソリューションズは、印刷物による情報漏洩を防止するクライアント管理製品の最新版「PCGUARDIAN for Windows Ver 2.5」を発売した。

同製品は、クライアントPCの操作を監視や制御し、内部からの情報漏洩を防ぐセキュリティ管理ソリューション。監視ポリシーに従ったイベントログの保存が可能で、事故発生時の調査に利用できる。またクライアントPCの資産管理機能やフォルダの暗号化機能なども備えている。

最新版では、印刷物のヘッダー、フッター、および全体に「ユーザー名」や「ドメイン名」「印刷実行時間」「IPアドレス」「MACアドレス」などを強制的に挿入する「情報スタンプ印刷機能」を搭載。スタンプの内容は、ポリシーに合わせてPC別、ユーザー別、時間帯別に設定できる。

また今回のバージョンアップにより、管理画面がIE 7へ対応。クライアントPCの対応OSにWindows Vista EnterpriseおよびWindows Vista Businessを追加された。

(Security NEXT - 2008/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS