Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セール案内メール誤送信で顧客のアドレスを流出 - ハイパーコンセプション

コンピュータや通信機器の販売を展開するハイパーコンセプションは、顧客向けの案内メールを配信した際、誤ってメールアドレス829件が流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、5月27日に配信された顧客向けの特価情報メール。担当者が誤って宛先にメールアドレス829件を記載して配信したことから、受信者本人以外のアドレスも閲覧できる状態となった。

メールを受け取った顧客からの指摘で判明。同社では対象となった顧客に対し報告と謝罪し、今後の対策について説明した。同社では、誤送信を防止するシステムの導入を検討する。

(Security NEXT - 2008/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
クラブ会員宛メールに他会員の情報 - 浦和レッズ
顧客情報含む資料を誤ってメール送信 - 不動産会社
マスクの価格訂正メールで誤送信 - 白十字
相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ