Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座振替案内はがきに別人の口座情報を誤記載して送付 - 仙台市

仙台市は、プログラムミスにより、ガス料金などの口座振替案内はがきに、誤って別の利用者情報を記載して送付したと発表した。

誤記載が発生したのは、4月中旬から5月上旬にかけて送付された、ガス料金の口座振替案内はがき。引越しをした顧客の口座情報が、同じ住居にあらたに入居した顧客へ届けられた案内はがきに記載されていたという。複数の受取人からの指摘を受け、問題が判明した。

誤送付の件数は、出力データの残っている2007年1月から2008年4月までで97件確認されている。そのうち口座番号や口座名義、銀行名、支店名、振替額、使用量などが含まれるものが78件。残りの19件に関しては、銀行名と振替額、使用量のみが記載されていた。

原因はプログラムミスで、特定の条件下においてデータが正しく出力されていなかった。同市では関係者に対し説明や謝罪を行い、誤送付されたはがきを回収。2006年12月以前のものも含め、正しい情報が記載されたはがきを改めて送付する。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
和装店のオンラインショップに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社