Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座振替案内はがきに別人の口座情報を誤記載して送付 - 仙台市

仙台市は、プログラムミスにより、ガス料金などの口座振替案内はがきに、誤って別の利用者情報を記載して送付したと発表した。

誤記載が発生したのは、4月中旬から5月上旬にかけて送付された、ガス料金の口座振替案内はがき。引越しをした顧客の口座情報が、同じ住居にあらたに入居した顧客へ届けられた案内はがきに記載されていたという。複数の受取人からの指摘を受け、問題が判明した。

誤送付の件数は、出力データの残っている2007年1月から2008年4月までで97件確認されている。そのうち口座番号や口座名義、銀行名、支店名、振替額、使用量などが含まれるものが78件。残りの19件に関しては、銀行名と振替額、使用量のみが記載されていた。

原因はプログラムミスで、特定の条件下においてデータが正しく出力されていなかった。同市では関係者に対し説明や謝罪を行い、誤送付されたはがきを回収。2006年12月以前のものも含め、正しい情報が記載されたはがきを改めて送付する。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
県電子納品システムで利用者情報が流出、プログラムミスで - 群馬県
都の医療機器産業参入支援事業でメアドが流出 - システムの不具合で
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
不正アクセスでメアド流出の可能性 - 岡山県医師会
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
メタップスP、クレカ情報など最大約46万件が流出か - 不正ログインやSQLi攻撃で