Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニュースメール誤配信で一部読者の個人情報が流出 - 大阪府

大阪府は、首都圏向けに発行するニュースメールの送信時に操作ミスがあり、43人分の個人情報が流出したと発表した。

誤配信が発生したのは、同府が発行するニュースレター「OSAKA UP TO DATE」第19号。5月19日に登録されているアドレスに対してメールを送付したが、一部を「宛先」欄に入力して送信。受信者の氏名やアドレスなど43人分が流出した。

同日中に、読者からの指摘で問題が判明。同府では、対象となる読者に謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2008/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで