Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニュースメール誤配信で一部読者の個人情報が流出 - 大阪府

大阪府は、首都圏向けに発行するニュースメールの送信時に操作ミスがあり、43人分の個人情報が流出したと発表した。

誤配信が発生したのは、同府が発行するニュースレター「OSAKA UP TO DATE」第19号。5月19日に登録されているアドレスに対してメールを送付したが、一部を「宛先」欄に入力して送信。受信者の氏名やアドレスなど43人分が流出した。

同日中に、読者からの指摘で問題が判明。同府では、対象となる読者に謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2008/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都