Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パケットレベルのネットワーク監視を実現する「WatchPointシステム」

ディアイティは、米WildPackets製ネットワーク統合管理システム「WatchPointシステム」を7月より発売する。

同製品は、「sFlow」や「NetFlow」の統計に加え、「OmniFlow」を分析することによりネットワークの稼働状況をパケットレベルでグラフィカルに表示できる総合管理アプライアンス。ネットワーク管理者からCIOまで利用者の権限に合わせて管理画面を自由にカスタマイズすることができる。

「WatchPoint Web Server」に加え、ネットワークの規模に応じて「NetFlow」のデータを収集する「WatchPoint NetFlow Data Collector」、「sFlow」のデータを収集する「WatchPoint sFlow Data Collector」、「OmniEngine」が取得したパケットレベルの情報を収集する「WatchPoint OmniFlow Data Collector」などアプライアンスを追加することができる。

(Security NEXT - 2008/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能