Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パケットレベルのネットワーク監視を実現する「WatchPointシステム」

ディアイティは、米WildPackets製ネットワーク統合管理システム「WatchPointシステム」を7月より発売する。

同製品は、「sFlow」や「NetFlow」の統計に加え、「OmniFlow」を分析することによりネットワークの稼働状況をパケットレベルでグラフィカルに表示できる総合管理アプライアンス。ネットワーク管理者からCIOまで利用者の権限に合わせて管理画面を自由にカスタマイズすることができる。

「WatchPoint Web Server」に加え、ネットワークの規模に応じて「NetFlow」のデータを収集する「WatchPoint NetFlow Data Collector」、「sFlow」のデータを収集する「WatchPoint sFlow Data Collector」、「OmniEngine」が取得したパケットレベルの情報を収集する「WatchPoint OmniFlow Data Collector」などアプライアンスを追加することができる。

(Security NEXT - 2008/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド