Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宛名ミスやFAX誤送信など個人情報の関連事故が3件発生 - 静岡市

静岡市は、郵便物の誤送付や誤配達、ファックス誤送信など、4月に発生した個人情報の漏洩事故3件について公表した。

同市によれば、4月22日に郵便事業静岡支店による郵便物の誤配達が発生。介護予防健診に関わる郵便物1件が第三者に届けられた。氏名、住所、介護保険被保険者番号、生年月日、年齢、性別などが記載されていたという。誤配達先から誤って開封したと連絡があり、事故に気が付いたという。

翌23日には、番号の入力ミスによるファックスの誤送信が発生。個人7件および法人1件の氏名と所有している土地の地番が記載された資料を、一般個人宅へ誤って送信した。

さらに28日には宛名の入力ミスが原因による誤送付があり、氏名や住所、電話番号、連絡先など個人情報が記載された在宅福祉サービス決定通知書1通を、別の福祉サービス事業者に送付した。同市では、誤ったデータの修正を行い、ほかのデータについてもチェックを行っている。

同市によれば、いずれ事故についても書類はすでに回収しており、関係者への説明や謝罪を行ったという。

(Security NEXT - 2008/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
顧客情報約21万件含む旧サーバが所在不明 - 都内ホテル