Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでフィッシング詐欺サイトが設置される - 北教大

北海道教育大学が外部より不正アクセスを受け、フィッシング詐欺サイトが同大サーバに開設されていたことがわかった。

攻撃を受けたのは、同大札幌校内にあるウェブサーバ。4月26日に海外の決済サービス会社が同大に対し、不正サイトの閉鎖を要請するメールを送信。翌27日、同大で不正サイトの設置を確認したという。

同大では、問題判明後にウェブサーバへのアクセスを遮断したが、今回の攻撃による被害の規模はわかっていないという。同大では被害を受けたサーバ以外についても問題がないかチェックを進めている。

(Security NEXT - 2008/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社