Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの送信ミスで個人情報流出 - 横浜市が職員を処分

横浜市は、メールの送信ミスにより、外部へ個人情報を漏洩させたとして、環境創造局の職員に対して懲戒処分を実施した。

同職員は2008年1月当時、所属する湾岸局から行政運営調整局へメールを送信する際、複数の宛先を選択する操作ミスにより、民間企業関係者の氏名などメール本文中の個人情報を部外者へ漏洩したもの。受信した住民の指摘により事故が判明した。

今回の事故を受け、同市では同職員について文書による訓戒処分とした。

(Security NEXT - 2008/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
児童相談に関するICレコーダー紛失、1年以上未報告 - 紋別市
個人情報含むUSBメモリを紛失、拾得され発覚 - 近畿大工業高専
臨時IDカードで知人住所を取得、待ち伏せ職員を処分 - 仙台市
支援関連の契約書や重説を紛失、誤廃棄か - 広島市こども療育センター
子会社従業員が顧客の個人情報をSNSに投稿 - ダイナックHD
救急車出動先を知人にLINE送信、職員を懲戒処分 - 明石市
生活保護受給で不適切な事務処理、職員を処分 - 札幌市
臨床研究で患者データ漏洩、オーサーシップ問題から発覚 - 順天堂大
教諭が同僚の信用失墜を目的に情報漏洩 - 金銭私的流用から発覚