Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの送信ミスで個人情報流出 - 横浜市が職員を処分

横浜市は、メールの送信ミスにより、外部へ個人情報を漏洩させたとして、環境創造局の職員に対して懲戒処分を実施した。

同職員は2008年1月当時、所属する湾岸局から行政運営調整局へメールを送信する際、複数の宛先を選択する操作ミスにより、民間企業関係者の氏名などメール本文中の個人情報を部外者へ漏洩したもの。受信した住民の指摘により事故が判明した。

今回の事故を受け、同市では同職員について文書による訓戒処分とした。

(Security NEXT - 2008/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
配送ラベル二重貼り、異なる顧客情報 - 3Dプリンタ販売会社
私的に戸籍情報参照した職員を懲戒処分、刑事告発も - 宇部市
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
住基システムの個人情報を漏洩、職員が逮捕 - 杉並区
患者情報含む書類を誤廃棄、資源物置場から回収 - 熊本大病院
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市