Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防団員名簿などを外部へ誤ファックス - 再送信時に指摘受け判明

横浜市は、港南消防団の団員が、新入団員らの個人情報26件が記載された名簿などを、誤って外部へ漏洩したことを明らかにした。

同消防団の新入団員向け研修資料を誤ってファックス送信を行ったもの。新入団員の氏名や所属、既団員の氏名と電話番号など、個人情報26件が含まれていた。3月31日に外部住民にファックスを送信したが、受信者はファックスをそのまま廃棄し、連絡はしなかったという。

その後4月12日に再度誤送信されたため、受信者が港南消防署に連絡し、事故が判明した。同署では受信者を訪問し、謝罪するとともに誤送信されたファックスを回収したという。

(Security NEXT - 2008/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓
特例貸付の申請書類など所在不明に - 江戸川区
「Emotet」感染で職員装うメール - 日本気象協会
スイーツ通販サイトに不正アクセス、ゼロデイ脆弱性の発見から被害に気づく
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
ファイル取り違え、個人情報残る報告書をサイトで公開 - 滋賀県
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県