Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政機関個人情報保護法の施行状況に関する調査は昨年同様に

総務省は、行政機関個人情報保護法の施行状況に関する調査項目についてパブリックコメントを終え、調査項目を決定した。

同法施行後3年間は、調査項目について意見募集による充実が定められていることから、パブリックコメントを実施していたもの。今回のパブリックコメントでは、2件の意見が寄せられ、同省では考え方を示したが、調査項目への影響はなかった。

一部時点修正が加えられている以外は、2006年度と同様の項目となり、監査や点検、教育研修の状況をはじめ、個人情報ファイル、処分、個人情報漏洩の状況など調査を実施する予定。

(Security NEXT - 2008/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく