Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交通局内で人事評価など職員の個人情報が流出 - 横浜市

横浜市交通局で、3月31日に同局責任職165人分の個人情報が同局内部に流出する事故が発生した。

局内会議の資料を責任職や庶務担当者にをメールで送信した際、資料作成に利用したマスターデータの内容が削除されず、誤って流出させたもの。氏名や生年月日、採用年月日、人事評価など個人情報が含まれていた。

4月3日に局内職員の指摘により判明。同市では調査を実施し、データを消去したという。職員以外への流出はなかった。

(Security NEXT - 2008/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会