Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交通局内で人事評価など職員の個人情報が流出 - 横浜市

横浜市交通局で、3月31日に同局責任職165人分の個人情報が同局内部に流出する事故が発生した。

局内会議の資料を責任職や庶務担当者にをメールで送信した際、資料作成に利用したマスターデータの内容が削除されず、誤って流出させたもの。氏名や生年月日、採用年月日、人事評価など個人情報が含まれていた。

4月3日に局内職員の指摘により判明。同市では調査を実施し、データを消去したという。職員以外への流出はなかった。

(Security NEXT - 2008/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存