Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テナントが顧客情報含む名簿の一部を紛失 - 松屋

松屋銀座本店内のテナントにおいて、顧客情報336件が記載された顧客名簿が所在不明になっている。

所在がわからなくなっているのは、同社とテナントである「ミー・イッセイミヤケ」が管理する顧客名簿。顧客336人の氏名、住所、商品の購入金額などが記載されていた。3月20日にショップの従業員がダイレクトメール作成のため社内で名簿を利用し、その後保管場所に戻したが、翌21日に利用した6枚のうち4枚がなくなっていることに気が付いたという。

同社では、対象となる顧客に説明と謝罪を行った。また、紛失した情報の外部流出や不正利用などの報告は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
顧客への連絡メール誤送信でメアド流出 - スポーツ用品メーカー
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
チーズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
カードゲーム通販サイトで情報流出 - 旧サーバに不正アクセスか
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出