Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テナントが顧客情報含む名簿の一部を紛失 - 松屋

松屋銀座本店内のテナントにおいて、顧客情報336件が記載された顧客名簿が所在不明になっている。

所在がわからなくなっているのは、同社とテナントである「ミー・イッセイミヤケ」が管理する顧客名簿。顧客336人の氏名、住所、商品の購入金額などが記載されていた。3月20日にショップの従業員がダイレクトメール作成のため社内で名簿を利用し、その後保管場所に戻したが、翌21日に利用した6枚のうち4枚がなくなっていることに気が付いたという。

同社では、対象となる顧客に説明と謝罪を行った。また、紛失した情報の外部流出や不正利用などの報告は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
寝具通販サイトでクレカ情報約1.9万件が流出か - 9割超は決済不成立のクレカ情報
ハムなど扱う食品サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
和装店のオンラインショップに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
顧客宛のキャンペーン案内メールを「CC」送信 - MGT
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス