Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や広告メールに関するアンケートを実施 - JCA

日本コンプライアンス協会は、消費者や事業者を対象に、個人情報保護や広告メールに関するアンケートを実施している。同協会のウェブサイトより回答可能で、受け付け期間は4月30日まで。

今回のアンケートでは、「消費者編」と「事業者編」を用意。消費者編では、ウェブサイトへ個人情報を入力する際の不安要素、メールマガジンやメール広告の登録時における基準、迷惑メール対策などについて質問している。

一方、事業者編では、ウェブサイト経由の個人情報取得や安全性をアピールするための手段のほか、特定電子メール法改正に関する設問や行政への要望といった内容になっている。

同協会では、個人情報の適正な取り扱いや事業者のメール配信の適正化について研究を進めており、アンケート調査結果を今後の活動における資料として活用する予定。

(Security NEXT - 2008/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超