Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

遺跡発掘の案内メールで個人情報が流出 - 京都市埋蔵文化財研究所

京都市埋蔵文化財研究所は、案内メール配信時の操作ミスにより、個人情報が流出したことを明らかにした

誤送信されたのは、3月4日に送信された遺跡の発掘現場の見学案内メール。アドレスの登録者40人に対し送信した際、職員の操作ミスにより全員のアドレスが表示された状態で送られた。そのうち、25人に関しては氏名も含まれる。

メールの受信者からの指摘で判明し、対象者にメールで報告と謝罪を行った。今後、同報送信を行う際には複数の職員によるチェックで再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2008/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社