Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロックやデータ消去に対応したWindows Mobile 6搭載FOMA端末向け遠隔管理システム

NTTドコモは、Windows Mobile 6を搭載したFOMA端末の遠隔制御を可能にする携帯電話総合管理システムを開発した。

同システムは、接続設定や業務アプリケーションの一括インストールなどの管理、企業のセキュリティポリシーに応じたデバイス機能の利用制限、端末の監視、紛失時のロックやデータ削除など、遠隔からの一括管理を可能にするもの。

メール設定、ブックマーク設定、ActiveSync設定などが遠隔から行えるほか、メモリ残量、電池残量、起動中のアプリケーションなどの情報取得も可能。また、カメラやSDカード、USB、赤外線、Bluetooth、FOMAカードへの電話帳書き込みなど各種デバイス制限や、パスワード誤入力時のデータ削除、未許可アプリケーションの定期監視などにも対応している。

今後は法人ユーザーを対象に、同社の端末「F1100」を利用した同システムの試行トライアルを実施する予定。

(Security NEXT - 2008/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応