Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Gmailからのスパムが倍増、対策技術破られる?

Googleのウェブメールサービス「Gmail」経由のスパムが、2月に倍増したことがMessageLabsの調査によりわかった。

同社が、2月の観測したスパムや不正サイトなどの調査結果を取りまとめたもの。同社の報告によれば、ウェブメールサービスを通じて発信されるスパムは、全スパムの4.6%で、ウェブメールスパムの約9割弱が、「Yahoo!メール」経由で送信されているが、2月はGmailから発信されたスパムが1月の1.3%から2.6%へ倍増していることがわかったという。

スパマーによる大量の自動サインアップを防止する技術として、コンピュータが判別しにくい不規則な文字列を表示し、利用者の入力を求める「CAPTCHA」を、Gmailでも採用しているが、今回のスパム増加の背景には、Googleの「CAPTCHA」技術を破られた可能性があると、MessageLabsでは推測。

「CAPTCHA」破りは、「Yahoo!メール」や「Hotmail」でも2007年7月に同様の攻撃を受けている。こうした攻撃を防止するには、「CAPTCHA」の難読化が効果的だが、通常の利用者にも判読が難しくなれば、対策の意味がなくなることから、同社では「CAPTCHA」の長期的な効果に対し疑問を投げかけている。

またMessageLabsは、別の目立った動きとして、ターゲット型トロイの木馬の攻撃の増加を伝えている。1日あたり約30件発生しており、2007年末より200%増を記録した。上級役員をターゲットとしたもので、ウェブサイトなどを通じて攻撃されており、最大900のトロイの木馬による攻撃が行われたという。

マルウェアやスパイウェア、アドウェアなどが感染するおそれがある新たなサイトも多数発生しており、1日平均664サイトを特定。それらサイトへ誘引するリンクを含むスパムも、前月より3割増加し、61.1%に達した。

(Security NEXT - 2008/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も