Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業や教育機関向け「ESET Smart Security」ライセンスパッケージが発売

キヤノンシステムソリューションズは、企業や教育機関を対象としたセキュリティ対策ソフト「ESET Smart Security」のライセンス版を3月24日より発売する。

同製品は、「NOD32アンチウイルス」の上位版で、ウイルスやスパイウェア対策機能のほか、パーソナルファイアウォールや迷惑メール対策機能を搭載したセキュリティ対策ソフト。

今回発売するライセンス版では、ネットワークに接続されたクライアントPCの集中管理に対応。ウイルス定義ファイルやプログラムのバージョン、ファイアウォールの適用状況をはじめ、OSやネットワーク情報など設定状況のログを収集することが可能。また同ソフトが導入されていない端末へ強制的にインストールできる。

またライセンス版では、「ESET Smart Security」と「NOD32アンチウイルス V2.7」が同梱されている。いずれかを選択して利用でき、混在した状態でも集中管理することができる。

「NOD32アンチウイルス」ライセンス製品の既存ユーザーについては、アップグレードも用意している。

(Security NEXT - 2008/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答