Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業や教育機関向け「ESET Smart Security」ライセンスパッケージが発売

キヤノンシステムソリューションズは、企業や教育機関を対象としたセキュリティ対策ソフト「ESET Smart Security」のライセンス版を3月24日より発売する。

同製品は、「NOD32アンチウイルス」の上位版で、ウイルスやスパイウェア対策機能のほか、パーソナルファイアウォールや迷惑メール対策機能を搭載したセキュリティ対策ソフト。

今回発売するライセンス版では、ネットワークに接続されたクライアントPCの集中管理に対応。ウイルス定義ファイルやプログラムのバージョン、ファイアウォールの適用状況をはじめ、OSやネットワーク情報など設定状況のログを収集することが可能。また同ソフトが導入されていない端末へ強制的にインストールできる。

またライセンス版では、「ESET Smart Security」と「NOD32アンチウイルス V2.7」が同梱されている。いずれかを選択して利用でき、混在した状態でも集中管理することができる。

「NOD32アンチウイルス」ライセンス製品の既存ユーザーについては、アップグレードも用意している。

(Security NEXT - 2008/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生