Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

44種のOSやディストリビューションに対応したサーバ監視ソフト - HDE

HDEは、ウェブブラウザから複数のサーバを一元管理できるサーバ監視ソフトの最新版「HDE Center 4.5」を、3月26日より発売する。

同製品は、複数台のサーバを一元管理するソフトウェア。SNMPを利用しないHTTPベースの通信方式を採用し、インターネット経由でも監視可能なため、複数の拠点にあるサーバの監視に対応する。また障害発生時にはメールで管理者に警告するだけでなく、指定したスクリプトを自動実行させることで自動復旧も可能。

最新版では、Red Hat Enterprise Linux 5 ServerやCentOS 5.xなど最新のOSをサポート。これにより対応OSおよびディストリビューションが44種類に拡大した。また従来版では年間レポートと月間レポートしか作成できなかったが、週間レポートも作成可能になるなどレポート機能も強化された。価格は、3ノードライセンス込みの基本パックが40万3200円、追加1ノードライセンスが12万7680円。

(Security NEXT - 2008/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も