Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

44種のOSやディストリビューションに対応したサーバ監視ソフト - HDE

HDEは、ウェブブラウザから複数のサーバを一元管理できるサーバ監視ソフトの最新版「HDE Center 4.5」を、3月26日より発売する。

同製品は、複数台のサーバを一元管理するソフトウェア。SNMPを利用しないHTTPベースの通信方式を採用し、インターネット経由でも監視可能なため、複数の拠点にあるサーバの監視に対応する。また障害発生時にはメールで管理者に警告するだけでなく、指定したスクリプトを自動実行させることで自動復旧も可能。

最新版では、Red Hat Enterprise Linux 5 ServerやCentOS 5.xなど最新のOSをサポート。これにより対応OSおよびディストリビューションが44種類に拡大した。また従来版では年間レポートと月間レポートしか作成できなかったが、週間レポートも作成可能になるなどレポート機能も強化された。価格は、3ノードライセンス込みの基本パックが40万3200円、追加1ノードライセンスが12万7680円。

(Security NEXT - 2008/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート