Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティのメールサーバにプログラム不具合 - 一部メールが消失

ニフティは、利用者の一部メールが消失したことを明らかにした。

同社ISPサービス「@nifty」のメールサーバにおいて2008年2月25日から2月27日にかけて不具合があり、一部受信メールの本文が見られない障害が発生したもの。

事故原因は、25日に更新したサーバのプログラムに不具合で、受信メールの本文が、あとから届いたメールで上書きされる設定となっており、一部メールの本文がサーバから消失した。

同社では27日にプログラムの修正を終えているが、消失したメールについては復旧できないという。同社では問題が生じたユーザーに対して詳細を案内している。

ニフティ
http://www.nifty.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に