Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持ち出しPCの管理にも対応する「InterSafe CATS」を発売

アルプスシステムインテグレーションは、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe」の最新版「InterSafe Ver6.0」を3月19日に発売する。

最新版では、「SNS・ブログ」カテゴリをあらたに用意し、情報発信サイトによる情報漏洩対策を強化。従来より用意されている「掲示板・IT掲示板」とジャンルを分けることでより細かい対応に実現した。

またウェブメール経由のファイル送信や、HTTPSサイトのURL単位による規制に対応。掲示板の書き込み内容によるフィルタリングや、検索エンジンのクエリに含まれるキーワードから不正URLを判断し、フィルタリングすることも可能で、検索エンジンスパムにも対応できるという。

さらに、グループ管理者によるポリシーの変更をシステム管理者へ通知できる機能や、アクセス許可申請へシステム管理者以外が対応できるようになった。ログレポートツールの機能追加など、運用面でも機能強化が図られている。

同社は今回の発売と同時に、新製品となる「InterSafe CATS」を市場へ投入する。同製品では、持ち出しPCなど社外のPCに対するインターネットアクセス管理を実現するセキュリティソリューション。ファイル共有ソフトやメッセンジャーの利用規制、フィルタリングなどを実現する。

(Security NEXT - 2008/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を