Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

e-とぴあ・かがわ、館内のPCが約2カ月間ウイルスに感染 - 個人情報流出の可能性も

香川県のPFI事業としてかがわ県民情報サービスが運営している情報通信交流館「e-とぴあ・かがわ」において、館内のパソコン1台が約2カ月間にわたり、ウイルスに感染していたことがわかった。IDやパスワードなど個人情報が流出した可能性もあるという。

ウイルスに感染していたのは、同施設の談話室に設置されていたパソコン1台で、来館者が自由に利用できるもの。2007年12月12日から2008年2月13日の約2カ月間、トロイの木馬に感染していた。

同社によれば、2月15日時点で被害報告はないが、同ウイルスは、オンラインゲームやオンラインショップのユーザーID、パスワード、キー入力情報、スクリーンショットなどを盗むことから、利用者の情報が流出した可能性があるという。

感染していた期間中に問題のパソコンでオンラインゲームやオンラインショッピングを利用したり、外部記憶媒体などを接続した場合、被害に遭う可能性もあるため、心当たりのある利用者に対して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀