Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MacBook Air」に喜んでばかりはいられない - Mac初の偽セキュリティ対策ソフトが登場

日本時間16日未明に発表されたアップルの薄型ノートブックパソコン「MacBook Air」。今回の新製品投入により、Macの市場シェア拡大が進むとの声も聞かれるが、一方でMacを狙った偽セキュリティ対策ソフトが見つかっており、利用者増加の副作用も現れている。

問題のマルウェアは「MacSweeper」と名乗る偽セキュリティ対策ソフトで、セキュリティベンダーであるF-Secureが発見し、公表したもの。インストールすると、プライバシーが侵害されているなど、実際は発生していないセキュリティ上の問題について警告を表示し、購入を迫るという。

Windowsユーザーを狙った偽セキュリティ対策ソフトは、すでに複数が流通しており、情報処理推進機構(IPA)が今月はじめに、多数相談が寄せられているとして注意を呼びかけたばかり。

今回、同ソフトを発見したF-Secureでは、Macの人気上昇に比例して、Macを狙った攻撃も増加し、今後は無視できない問題になるとして、警戒するよう注意を促している。

(Security NEXT - 2008/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
認可保育所に無関係の副食費免除対象者情報を誤送信 - 青梅市
市内小学校で児童指導要録抄本が所在不明に - 川崎市
被災労働者の個人情報含むファイルをメール誤送信 - 労働基準監督署
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正