Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MacBook Air」に喜んでばかりはいられない - Mac初の偽セキュリティ対策ソフトが登場

日本時間16日未明に発表されたアップルの薄型ノートブックパソコン「MacBook Air」。今回の新製品投入により、Macの市場シェア拡大が進むとの声も聞かれるが、一方でMacを狙った偽セキュリティ対策ソフトが見つかっており、利用者増加の副作用も現れている。

問題のマルウェアは「MacSweeper」と名乗る偽セキュリティ対策ソフトで、セキュリティベンダーであるF-Secureが発見し、公表したもの。インストールすると、プライバシーが侵害されているなど、実際は発生していないセキュリティ上の問題について警告を表示し、購入を迫るという。

Windowsユーザーを狙った偽セキュリティ対策ソフトは、すでに複数が流通しており、情報処理推進機構(IPA)が今月はじめに、多数相談が寄せられているとして注意を呼びかけたばかり。

今回、同ソフトを発見したF-Secureでは、Macの人気上昇に比例して、Macを狙った攻撃も増加し、今後は無視できない問題になるとして、警戒するよう注意を促している。

(Security NEXT - 2008/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も