Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始の「Winny」利用は昨年より減少、「Share」は増加

ファイル交換ソフト対策サービスなどを展開するネットエージェントが、年末年始にかけて実施した調査で、昨年同時期と比較して「Winny」の利用者が減少したことがわかった。一方で「Share」の利用者は過去最多を記録している。

同社が、2007年12月26日から2008年1月6日までの利用状況について調査を実施したもの。期間中における利用台数を示すノード数は、「Winny」の場合1日あたり平均利用31万件で、約33万件を記録したクリスマス前後より若干少なかった。昨年の同時期と比較すると平均約6万件の減少となり、クリスマス時期同様に「Winny離れ」の傾向が現れる結果となった。

もっとも利用者が少なかったのは、27万9272件が確認された元旦。逆に利用者がもっとも多かったのは、連休最終日となった6日で36万2424件で、次いで28日の35万4359件と、帰省ラッシュの時期の前後で大きく増加する傾向が見られた。

一方Shareについては、「Winny」と同様1月6日に最高値へ達し、過去最多となる18万2572件を観測。平均ノード数も約16万件で、平均値としても観測史上最多を記録したという。

「Winny」の利用者が減る一方で、「Share」への乗り換えが現れた形となり、同社では、両ソフト以外のファイル交換ソフトの状況を踏まえると、ファイル交換ソフト利用者の総数そのものは減少していないと分析している。

(Security NEXT - 2008/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み