Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

近畿産業信用組合、14店舗で顧客の個人情報を紛失

近畿産業信用組合は、14の店舗において64件の顧客情報を紛失していたことを明らかにした。

所在が不明となっているのは、顧客情報の名寄せ管理に関する一覧資料で、2007年9月21日時点における顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、顧客番号など個人情報が記載されていた。本店営業部を含む14の店舗において64件の紛失が判明。もっとも件数が多かったのは、生野支店の30件。

紛失が判明したのは9月22日で、警察に届け出て捜索を行っているが、12月26日の時点ではまだ見つかっていないという。同組合では関連する顧客を個別に訪問して謝罪しているが、転居などで連絡のつかない顧客もいるため、心当たりのある場合は連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測