Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPとRSAセキュリティ、認証ソリューションの提供で協業

日本ヒューレット・パッカードとRSAセキュリティは、認証ソリューションの分野で協業し、両社の製品を組み合わせた認証基盤を提供すると発表した。

今回、両者が協業したことにより、日本HPのシングルサインオンソリューション「HP IceWall SSO」と、RSAセキュリティの認証強化ソリューション「RSA Adaptive Authentication for Web」の連携を実現した。

従来、「RSA Adaptive Authentication for Web」のリスクベース認証システムを導入するためには、個別のプログラム開発が必要だったが、今回の協業で「HP IceWall SSO」との連携モジュールが開発されたことで、短期間低コストでの導入が可能となった。

リスクベース認証では、通常のIDとパスワードによる認証にくわえて、端末の情報やIPアドレス、アクセス元の地域、行動パターン、作業内容などの情報をリアルタイムで分析する。そして通常と異なる要素が検出されるなどリスクが高いと判断された場合のみ追加認証を行うことで、なりすましなどの不正を防ぐ。

「HP IceWall SSO」はこれまで指静脈認証、ICカード認証、携帯電話による認証など、多様な認証方式に対応してきたが、今回リスクベース認証への対応が実現したことで、より強固な認証基盤の提供が可能になったとしている。

(Security NEXT - 2007/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性