Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北海道教育大学付属中学校で学生情報が流出 - 流出経路特定できず

北海道教育大学付属札幌中学校から生徒の氏名や成績情報が、ネット上へ流出していたことが判明した。

外部より流出の指摘があり判明したもので、2001年度に在籍していた126人分の氏名や成績などが流出した。ファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出したと見られているが、流出の原因や経緯についてはまだ特定できていないという。

同校では、流出の対象となった当時の生徒に対し、謝罪の文書を送付した。また、在校生およびその保護者に対しても、事故について説明した。

(Security NEXT - 2007/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
「ドコモ口座」経由の不正引出、23件があらたに判明
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携