Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教諭PCから生徒の情報がWinny流出 - 埼玉県内高校で

さいたま市内にある浦和実業学園高校の生徒情報がインターネット上にファイル交換ソフトを通じて流出したことがわかった。

同高校教諭の自宅パソコンにインストールされていたファイル交換ソフト「Winny」を通じて外部に流出したもの。氏名や住所、パスポートの情報、アレルギー情報など、2005年当時の生徒に関する個人情報640件がインターネット上へ流出したという。

流出した個人情報は在学中の短期留学の際に利用した情報で、それ以外にも同教諭が担当した生徒の個人情報などが外部に流出したと見られている。

浦和実業学園高校
http://www.urajitsu.ed.jp/sh/

(Security NEXT - 2007/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
「水道料金を払わないと断水する」とだますフィッシング - 被害も発生