Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部より内部からの情報漏洩が心配 - ウェブルートの中小企業調査

国内の中小企業では、ウイルスなど外部からの攻撃より、従業員のミスや盗難など、内部からの情報漏洩をより深刻な脅威と捉えていることがわかった。

セキュリティベンダーであるウェブルート・ソフトウェアが2007年8月から9月にかけて、中小企業におけるセキュリティ被害状況や対策について調査を実施し、判明したもの。コンピュータの所有台数が5台から999台までの企業で、セキュリティソフト購入に関して決定権をもつ担当者を対象に調査が行われた。有効回答数は309件。

現状認識に対する質問では、「従業員の過失」および「内部者による妨害やデータ盗難」をセキュリティ上の脅威と考える企業がいずれも39.8%で同率首位。「ウイルス(31.0%)」や「スパイウェア(25.2%)」など外部からの脅威を上回った。同社ではその理由として、従業員に対するIT利用の制限や監視が進んでいないことを挙げている。

実際にその結果がセキュリティ対策に関する調査に反映されている。ウイルス対策ソフトの導入は92.4%の企業が実施。一方で、「メール」や「インスタントメッセージ」の利用、「業務外のウェブアクセス」、「音楽や動画などのダウンロード」などすべての項目において、半数以上の企業が規制や対策を実施していない。セキュリティ上の脅威が複雑、IT部門が「ない」とする企業が約4割。1人から2人で対応している企業も19.1%と人材不足が浮き彫りとなった。

また1年間で、35.3%の企業がスパム、30.1%がウイルスによる被害を受けた。業務中止やPCパフォーマンスの低下といった損害が発生している。さらにスパイウェアの17.5%、トロイの木馬11.3%と続いた。また上位ではなかったものの、「フィッシング詐欺(3.2%)」や「ルートキット(1.0%)」といった被害も報告されている。

ウェブルート・ソフトウェア
http://www.webroot.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能