Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜国大が不正アクセス受け、フィッシングの踏み台に

横浜国立大学は、同大学ウェブサイトが10月22日に不正アクセスを受け、フィッシング詐欺サイトが設置されたと発表した。

同大学のサーバ上に、個人情報などを収集するフィッシング詐欺サイトが設置されたもので、21日深夜に海外のインターネット決済サービス会社から閉鎖を促す連絡があったという。

同大学では翌朝にサーバを停止し、ウェブサイトへのアクセスを遮断。被害状況の詳細は判明しておらず、現在アクセスログなどをもとに詳細を進めている。

横浜国立大学
http://www.ynu.ac.jp/

(Security NEXT - 2007/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント