Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化と漏洩抑止機能を実現するスマートフォン向けソフト - 富士通BSC

富士通ビ ー・エス・シーは、暗号化機能と情報漏洩抑止機能を搭載したスマートフォン向けセキュリティソリューション「FENCE-Mobile」を、12月25日より発売する。

同製品は、Windows Mobile 6を搭載したスマートフォンに、暗号化やデバイス制御、アプリケーション起動制御など、情報漏洩対策に欠かせない機能を提供するセキュリティソリューション。パソコン向けに提供してきた「FENCE」シリーズの技術をスマートフォン向けに応用したもので、PC間とのデータ交換にも対応する。

内部メモリ内の個人情報やマイドキュメント、メールの添付ファイル、マルチメディアデータ、および外部メディアに記録されたすべてのファイルを自動で暗号化する。また、デバイスの利用やアプリケーションの起動を制御することで、データの持ち出しを抑止する。

管理者が作成したポリシーはインストールと同時に適用され、端末のユーザーによる変更はできない。価格は、1ライセンス1万500円となる見込み。

(Security NEXT - 2007/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ニッセン関連会社装うフィッシング - 「本人確認が済んでいない」と不安煽る
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響