Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化と漏洩抑止機能を実現するスマートフォン向けソフト - 富士通BSC

富士通ビ ー・エス・シーは、暗号化機能と情報漏洩抑止機能を搭載したスマートフォン向けセキュリティソリューション「FENCE-Mobile」を、12月25日より発売する。

同製品は、Windows Mobile 6を搭載したスマートフォンに、暗号化やデバイス制御、アプリケーション起動制御など、情報漏洩対策に欠かせない機能を提供するセキュリティソリューション。パソコン向けに提供してきた「FENCE」シリーズの技術をスマートフォン向けに応用したもので、PC間とのデータ交換にも対応する。

内部メモリ内の個人情報やマイドキュメント、メールの添付ファイル、マルチメディアデータ、および外部メディアに記録されたすべてのファイルを自動で暗号化する。また、デバイスの利用やアプリケーションの起動を制御することで、データの持ち出しを抑止する。

管理者が作成したポリシーはインストールと同時に適用され、端末のユーザーによる変更はできない。価格は、1ライセンス1万500円となる見込み。

(Security NEXT - 2007/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
2021年3Qの「JVN iPedia」登録数は3202件 - 3期連続で増加
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増