Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボットの動きが沈静化、NetskyやMydoomなど古参ウイルスが上位 - Kaspersky調査

Kaspersky Labsによると、「Downloader.Win32.Agent.brk」のボットネット拡大の活動は落ち着きを見せる一方、古参ウイルスが活動を活発化させている。

Kaspersky Labsが、9月におけるウイルスやオンラインスキャナの検知状況をランキングとしてまとめたもので、1位と2位をNetskyファミリーが占め、おなじみの「Mydoom.l」、「Bagle.gt」、「Nyxem.e」が上位にランクインするなど、古参ウイルスが顔をそろえた。

一方、8月に活動が活発化したトロイの木馬「Agent.brk」は、構築したボットネットを拡張させるという同社の予測に反し、活動が鎮静化。ボットネットを通じて拡散する「Warezov」も上位20位に入らなかったという。

オンラインスキャナでは、8月にトップだった「PolyCrypt.b」が一気に18位まで退いた以外、上位ウイルスについては目立った動きはなかった。注意すべき動きとしては、8月に再ランクインしたトロイの木馬「Small.ddp」が、今月4位に順位を上げている。

同ウイルスはボットネットを構築して、複数の悪意あるプログラムを感染したコンピュータにインストールさせるため、Zbotファミリーによる大規模感染が発生する可能性があるとして、同社では警鐘を鳴らしている。

同社が公表したウイルスやオンラインスキャナの上位10位はそれぞれ以下のとおり。

ウイルス

1位:NetSky.q
2位:NetSky.aa
3位:Mydoom.l
4位:Bagle.gt
5位:Nyxem.e
6位:Mytob.c
7位:Feebs.gen
8位:NetSky.t
9位:Paylap.bg
10位:NetSky.b

オンラインスキャナ

1位:Dialer.qn
2位:LoadAdv.gen
3位:Brontok.q
4位:Small.ddp
5位:Perflogger.ca
6位:Rays
7位:RAS.a
8位:Small.a
9位:BHO.cc
10位:Virtumonde.jp

(Security NEXT - 2007/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス