Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボットの動きが沈静化、NetskyやMydoomなど古参ウイルスが上位 - Kaspersky調査

Kaspersky Labsによると、「Downloader.Win32.Agent.brk」のボットネット拡大の活動は落ち着きを見せる一方、古参ウイルスが活動を活発化させている。

Kaspersky Labsが、9月におけるウイルスやオンラインスキャナの検知状況をランキングとしてまとめたもので、1位と2位をNetskyファミリーが占め、おなじみの「Mydoom.l」、「Bagle.gt」、「Nyxem.e」が上位にランクインするなど、古参ウイルスが顔をそろえた。

一方、8月に活動が活発化したトロイの木馬「Agent.brk」は、構築したボットネットを拡張させるという同社の予測に反し、活動が鎮静化。ボットネットを通じて拡散する「Warezov」も上位20位に入らなかったという。

オンラインスキャナでは、8月にトップだった「PolyCrypt.b」が一気に18位まで退いた以外、上位ウイルスについては目立った動きはなかった。注意すべき動きとしては、8月に再ランクインしたトロイの木馬「Small.ddp」が、今月4位に順位を上げている。

同ウイルスはボットネットを構築して、複数の悪意あるプログラムを感染したコンピュータにインストールさせるため、Zbotファミリーによる大規模感染が発生する可能性があるとして、同社では警鐘を鳴らしている。

同社が公表したウイルスやオンラインスキャナの上位10位はそれぞれ以下のとおり。

ウイルス

1位:NetSky.q
2位:NetSky.aa
3位:Mydoom.l
4位:Bagle.gt
5位:Nyxem.e
6位:Mytob.c
7位:Feebs.gen
8位:NetSky.t
9位:Paylap.bg
10位:NetSky.b

オンラインスキャナ

1位:Dialer.qn
2位:LoadAdv.gen
3位:Brontok.q
4位:Small.ddp
5位:Perflogger.ca
6位:Rays
7位:RAS.a
8位:Small.a
9位:BHO.cc
10位:Virtumonde.jp

(Security NEXT - 2007/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ