Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows XPとIE 7の組み合わせで脆弱性 - MSがパッチを準備中

Windows XPやWindows Server 2003にInternet Explorer 7をインストールした場合、URL処理に脆弱性が発生することがわかった。現在、脆弱性を解消する具体的な方法はなく、マイクロソフトは、脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラムの開発を進めている。

マイクロソフトのアドバイザリによると、Windows XPやWindows Server 2003へIE 7をインストールすると、コンポーネントが更新され、その結果URLやURIの処理に脆弱性が生じるという。不正に加工されたURLを処理した場合、リモートでコードが実行される可能性がある。

同社では詳細について調査を進めているが、現時点でゼロデイ攻撃は確認していないという。また今回の脆弱性は、前記の組み合わせで利用した場合でのみ発生するもので、Windows VistaやInternet Explorer 7がインストールされていない環境では影響を受けないとしている。

同社ではWindowsやウイルス対策ソフトを最新にするほか、ファイアウォールの利用や不審なURLへアクセスしないよう、注意を呼びかけている。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (943521)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/943521.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了