Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立専門学校で学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 佐賀県

佐賀県は、県立総合看護学院の学生40人分の個人情報を保存したUSBメモリを学内で紛失したと発表した。

所在が不明となっているのは、退学者1人を含む第一看護学科1年生40人分の名簿や欠席状況、指導要録などが保存されていたUSBメモリ。氏名や住所、電話番号、年齢、生年月日、出身校のほか、本籍や面談内容といった個人情報も記録されていた。9月25日夜、職員が学内で資料作成のためメモリを使用したが、翌日昼過ぎになくなっていることに気が付いたという。

同学院では関連する生徒および保護者に対し、説明と謝罪をした。また、学院内に相談窓口を設置して対応するとしている。

(Security NEXT - 2007/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に