Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報1052件を記載した書類を紛失 - 三菱UFJ信託銀

三菱UFJ信託銀行は、顧客を記載した書類を紛失したと発表した。書類には口座番号や印影なども記載されているという。

同行五反田支店において、「回収済証書」「社内管理用帳票」「伝票」などの所在がわからなくなっているもの。1052件の顧客情報が含まれており、顧客名や取引番号、口座番号、印影など記載されているという。

同行によれば、記載された情報の不正利用といった報告は受けておらず、保管期限を経過したほかの書類とともに誤廃棄した可能性が高いと説明している。同行では、関連する顧客に対して事情を説明し、謝罪するという。

三菱UFJ信託銀行
http://www.tr.mufg.jp/

(Security NEXT - 2007/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大