Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム開発者と発注者の認識のズレを防ぐガイドラインが公開

システム開発者と発注者の間で発生する誤解を最小限に抑えるための「発注者ビューガイドライン」が公開となった。

同ガイドラインは、NTTデータ、富士通、日本電気、日立製作所、構造計画研究所、東芝ソリューションの6社中心となり、2006年4月に立ち上げた「実践的アプローチに基づく要求仕様の発注者ビュー検討会」が制定を進めていたもの。開発を請け負うベンダーのシステムエンジニアと、開発を発注する企業の情報システム部門が利用することを想定して作成されている。

今回公開されたのは、画面に関連する外部設計書の記述や記述内容の確認に関するガイドラインをまとめた「画面編」で、同検討会による最初のガイドラインとなる。今回のガイドライン制定にあたり、東京証券取引所やAGSが評価や改善点の提案など行ったという。

同検討会には、日本ユニシス、沖電気工業、TISの3社があらたに参加しており、業務フローなどの設計に関する「システム振舞い」と、データ項目の整理と構造設計に関する「データモデル」について検討を進めている。今後は情報処理推進機構や日本情報システム・ユーザー協会と連携し、ガイドラインが業界標準となるよう活動を進める計画だ。

(Security NEXT - 2007/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中