Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

違法コピーやライセンス切れも防止できるIT資産管理ソフト - 大日本印刷

大日本印刷は、パソコンにインストールされているソフトウェアの情報を収集し、違法コピーやライセンス切れの製品などをチェックできるIT資産管理ソフト「AD-POWERs/PCSAM」を7月31日より発売する。

同製品は、ネットワークに接続されているパソコンにインストールされているソフトウェアの製品名、バージョン、製造元などの情報を自動的に収集するIT資産管理ソフト。管理用ソフトウェアの収集開始ボタンを押すだけで操作できるなど、管理者がITの専門知識を持っていない場合でも利用できるよう工夫したという。

収集した情報に、企業独自の管理番号や、レンタル品と購入品の区別といった項目を追加するなど、管理項目のカスタマイズが可能。一覧表示だけでなく、座席表の図面を用いたグラフィカルな表示にも対応している。

また各ソフトウェアの保有ライセンス数と収集したソフトウェア情報を照合する機能により、ライセンス切れのソフトや、ライセンスを持たない違法コピーソフトがインストールされたパソコンを特定できる。価格は、50クライアントあたり42万円から。

(Security NEXT - 2007/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県