Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バリオセキュア、メール送信形態で解析するスパム遮断サービス

バリオセキュア・ネットワークスは、メール送信形態の解析する企業向けメールフィルタリングASPサービス「Spam Protectionサービス」を、8月より提供開始する。

同サービスは、メールの内容と送信形態の挙動の解析からスパム判定を行うメールフィルタリングサービス。言語環境に依存せず、判定結果をデータベースに自動登録するヒューリスティックエンジンを搭載した。また迷惑メール送信元の送信処理そのものを防止する独自機能を搭載した。

ASPサービスのため専用のソフトが不要。メールは中継サーバ上で判定され、安全なメールと判定困難なメールのみ企業のメールサーバへ送信される。初期費用は一律5万2500円。月額利用料は、50ユーザー以下の場合で1万500円となっている。

(Security NEXT - 2007/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社