Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJニコス提携カードで信用情報の登録ミス - 一部で不利益発生も

三菱UFJニコスは、全国銀行個人信用情報センターへ信用情報を登録する際にミスがあったと発表した。同社によると、今回の誤登録における被害の範囲は、提携カード22社分のみで、UFJカードおよびNICOSカードへの影響は否定している。

信用情報の誤登録が発生したのは、同社や三菱東京UFJ銀行提携企業22社が発行するDCブランドカードで、11万2730件最大4万2449人に影響が出た。2006年10月に全国銀行個人信用情報センターがシステム変更を実施したが、同社が対応する際に一部問題があり、誤登録につながったという。

具体的には、同社が2006年10月30日から2007年6月28日までに取り扱ったクレジットカードのキャッシングサービスにおける利用残高10万8296件、最大3万8542人分が登録もれとなったのをはじめ、クレジットカード利用代金の支払い状況やキャッシングサービスの返済状況にについても4079件最大3552人分が、また退会情報の未登録や完済情報の二重登録など355件、最大355人分についてミスがわかっている。

また今回の誤登録により、最大2324件について不利益が発生した可能性がある。同社では、6月28日までに登録データの修正を実施。関連する顧客に対して個別に謝罪するという。

三菱UFJニコス
http://www.cr.mufg.jp/

関連記事:信用金庫の信用情報で登録ミス314万人分
http://www.security-next.com/005091.html

関連記事:ローン払ったはずが「未払い」 - 信用情報の登録ミス、銀行でも
http://www.security-next.com/005205.html

関連記事:JCB、プログラムミスで信用情報22万4460名分を登録ミス
http://www.security-next.com/005786.html

関連記事:国民金融金庫、信用情報の登録ミス1753件判明 - すでに修正済み
http://www.security-next.com/005126.html

(Security NEXT - 2007/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査