Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みちのく銀行で信用情報を一時誤って登録 - プログラム改変時のミスで

みちのく銀行のシステムに問題があり、一部顧客の信用情報を誤って記録していたことがわかった。改修はすでに終了している。

同行によると、同社のバンクカードを利用した一部顧客について、延滞が発生していないにもかかわらず、6月11日から14日までの4日間、全国銀行信用情報センターへ誤った延滞情報を登録したという。13日に不具合が判明、誤登録が発生したのは341件で、同行では翌14日に延滞情報の修正を行った。

2006年に実施した全国銀行信用情報センターのシステム改変にともない、5月にプログラムの変更を日立製作所へ委託。その際にプログラムミスがあり、誤って利用明細から延滞情報を作成、同行の確認も不十分だったことから誤登録が発生した。

今回の誤登録が原因で融資を受けられなかったといったトラブルは発生していないという。同行では、再発防止を目指し、定期的な登録データの全件照合など実施する。

みちのく銀行
http://www.michinokubank.co.jp/

(Security NEXT - 2007/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
複数サーバにサイバー攻撃 - 施設設備の施工会社
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース