Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みちのく銀行で信用情報を一時誤って登録 - プログラム改変時のミスで

みちのく銀行のシステムに問題があり、一部顧客の信用情報を誤って記録していたことがわかった。改修はすでに終了している。

同行によると、同社のバンクカードを利用した一部顧客について、延滞が発生していないにもかかわらず、6月11日から14日までの4日間、全国銀行信用情報センターへ誤った延滞情報を登録したという。13日に不具合が判明、誤登録が発生したのは341件で、同行では翌14日に延滞情報の修正を行った。

2006年に実施した全国銀行信用情報センターのシステム改変にともない、5月にプログラムの変更を日立製作所へ委託。その際にプログラムミスがあり、誤って利用明細から延滞情報を作成、同行の確認も不十分だったことから誤登録が発生した。

今回の誤登録が原因で融資を受けられなかったといったトラブルは発生していないという。同行では、再発防止を目指し、定期的な登録データの全件照合など実施する。

みちのく銀行
http://www.michinokubank.co.jp/

(Security NEXT - 2007/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も