Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向け「ウイルスバスター」 - プラグイン対応で機能強化も手軽に

トレンドマイクロは、企業向け総合セキュリティ製品「ウイルスバスター コーポレートエディション8.0」を6月28日より発売する。

同製品は、プラグイン対応フレームワークを搭載しており、バージョンアップなど行わずに機能追加が可能な企業向けセキュリティ製品の最新版。同社では、バックアッププラグインをはじめ、プラグインの提供を予定している。またエンタープライズクライアントファイアウォールやWinny対策機能を備えた「同アドバンス」やサーバ向け製品も用意した。

さらにオプションサービス「Webセキュリティサービス」を用意。同サービスは、従来より提供してきた「ダメージクリーンナップサービス」の名称を変更、サービスを充実させたもの。

接続先ドメインを評価し、4段階の設定レベルで接続をブロックできる「Webレピュテーション機能」を搭載しており、ウェブサイトの閲覧や不正プログラムなどで意図せず不正サイトへ接続されるような被害を防止できる。またスパイウェア対策機能ではルートキット対策を強化したほか、単一のパターンファイルから複数の亜種に対応できる「GenericClean機能」を装備した。

(Security NEXT - 2007/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

番組映像の記録媒体が所在不明に - テレビ大阪
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ