Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向け「ウイルスバスター」 - プラグイン対応で機能強化も手軽に

トレンドマイクロは、企業向け総合セキュリティ製品「ウイルスバスター コーポレートエディション8.0」を6月28日より発売する。

同製品は、プラグイン対応フレームワークを搭載しており、バージョンアップなど行わずに機能追加が可能な企業向けセキュリティ製品の最新版。同社では、バックアッププラグインをはじめ、プラグインの提供を予定している。またエンタープライズクライアントファイアウォールやWinny対策機能を備えた「同アドバンス」やサーバ向け製品も用意した。

さらにオプションサービス「Webセキュリティサービス」を用意。同サービスは、従来より提供してきた「ダメージクリーンナップサービス」の名称を変更、サービスを充実させたもの。

接続先ドメインを評価し、4段階の設定レベルで接続をブロックできる「Webレピュテーション機能」を搭載しており、ウェブサイトの閲覧や不正プログラムなどで意図せず不正サイトへ接続されるような被害を防止できる。またスパイウェア対策機能ではルートキット対策を強化したほか、単一のパターンファイルから複数の亜種に対応できる「GenericClean機能」を装備した。

(Security NEXT - 2007/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ