Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

求められる的確な脆弱性対策情報 - IPAが公表マニュアルを用意

情報処理推進機構(IPA)は、「ソフトウェア製品開発者による脆弱性対策情報の公表マニュアル」をとりまとめ、ウェブサイト上で公開した。

同マニュアルは、2006年12月より開催している「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」の検討結果をまとめたもの。ソフトウェア製品開発者が的確な脆弱性情報をユーザへ提供できるよう、公表する際の手順や公表項目、ユーザーが必要とする情報、脆弱性対策情報への誘導方法などを説明している。

具体的には、脆弱性対策情報を提供する際には修正プログラムを提供するだけでは不十分で、十分な説明が必要として、製品名やバージョンのほか、情報の公表時期や脅威の深刻度、修正プログラム以外の回避策などの情報を明示すべきとしている。

また情報の公表項目や公表手順について、望ましい公表例と、利用者にとって分かりにくい公表例を挙げて、個別に解説している。脆弱性対策情報への誘導方法についても例示して、情報の更新日を明記し、利用者がアクセスしやすいリンクの貼り方を工夫するよう求めている。

(Security NEXT - 2007/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC