Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

はしか集団発生の注意喚起で患者情報を流出 - 大阪府

大阪府は、大阪狭山市内の学校で発生したはしかの集団感染の注意喚起を市町村へ行った際、誤って感染した生徒の個人情報を市町村保健担当課へ送信したと公表した。

5月11日に注意喚起のメールで氏名や年齢、症状など30名分の個人情報を誤送信したもの。受信した市町村から指摘を受けて判明し、同府では削除を依頼した。同府では、関係する学校を訪問し、謝罪と経過説明を行っている。

注意喚起の文書を作成する際、誤って患者情報を取り込んだのが原因で、送付時に上司の確認なども行われていなかったという。メールは府と市町村の担当者が連絡を取るために利用しているもので、各市町村の職員以外は見られないとしている。

(Security NEXT - 2007/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料